白馬の釣り情報 岩魚(イワナ) 山女魚(ヤマメ) 虹鱒(ニジマス)

電話でのお問い合わせは             TEL  0261-72-5955    

〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村大字北城12875

白馬 釣り イワナ/ヤマメ

HOME 入漁券 注意事項 釣場案内  アクセス お問合せ

  2019年 放流情報 7月10日
 7月8日(月曜日)イワナ成魚の放流を姫川本流・支流にしました。白馬地区は姫川本流の飯田地区から松川合流」まで、松川は倉下の湯付近から姫川合流点まで、および楠川に放流しました。
小谷地区は支流の下部に放流しました。イワナの状態は良い型です。今回は、良い型のヤマメの入手ができなかったためイワナのみ放流しました。
   2019年 釣り情報 5月27日
釣果情報  監視員より
5月12日(日曜日)夕方、1時間の松川での釣果です。ニジマス2匹とイワナです。イワナは多分成魚放流の魚です。ニジマスはの成魚放流はしていませんので、姫川本流から遡上した魚と思われます。

同行者は、国道の上流にて、25pのイワナと23pのヤマメを釣っていました。


姫川支流での最近のイワナの釣果です。


松川下流の釣果です。

5月下旬に、松川 おびなたの湯〜姫川合流点 間5キロ区間の放流を計画しております。

 今年は、雪代がいつまでも続いておりますが、松川は丁寧に釣れば、魚はいますので釣れますよ!

  2019年 釣り情報 4月25日
釣果情報  監視員より
解禁日より、姫川本流ダム上流の深空〜ダムは良く釣れていました。サギの捕食による被害が多い、神城/飯田〜佐野は、アタリは遠いものの、47cm、32cmのニジマスががあがっています。巨大なニジマスがいるようです。しかしながら魚影は薄いです。このあたりにも、成魚放流をしましたが、サギ、カワアイサの被害は避けれそうにありません。(漁協としましては、駆除依頼をしておりますが、保護鳥獣」なので無理のようです)
とはいえ、今シーズンは、姫川上流漁協管内を丁寧に釣り歩いたところでは絶好調と言えます。一部の河川においては昨年の豪雨による被害により、川が埋まっており、魚影に影響がでております。対策を考慮しておりますが、崖崩れの場所などは近寄らない等、事故のないよう釣行にもお気を付けください。また、解禁当初は、水量が極端に少なく、一か所に魚が溜まっていて、釣り荒れの心配がありましたが、ようやく雪代の奔流となり、魚も散ると思います。
釣り愛好家からの目でひとこと
漁協へは、いろいろなご意見をいただきますが、中部、関東、近畿の渓流を釣り歩いてきた私としても、これどほ良く釣れる水系はまずありません。思うに白馬、小谷は、皆様の自宅からは遠いが故に入渓者が少ない、釣り荒れがないからだと思います。
今後、工事で荒れている本流の復活にも力を入れていきます。
釣り場の評価は、それぞれの方の釣りの楽しみ方で違うと思います。巨大なニジマス、大イワナをルアー、フライで攻める方、手ごろなサイズを支流に入渓して餌、フライで・・・・
私からの情報/大物狙いの方へ
解禁日/3月1日 白馬大池駅近くの堰堤の下にて巨大ニジマスがかかりました。結果から言うと、頭を上に向かせることすらできませんでした。水量も少なかったこともあり、何度も竿の限界を感じながらゆっくり旋回した後、対岸の深みに入っていきました。50cmは超えていたと思います。(なぜなら過去47cmは楽にあげていたので)これが、お客様がブログに書かれている姫川の大物かと実感しました。また、この近辺で竿を出すのは調査のためで、私にとっては初めてでしたので)この堰堤も間もなく工事で取り壊されます。誰かこの大物釣ってその自慢をブログで見たいものです。
連休中は、雪代の真っ最中です。水の事故には本支流との十分お気をつけて白馬での釣りをお楽しみください。
移動は避けてください。

急激な融雪による、増水は危険です。渓流の水が濁ってきたら、急いで
釣りを中止して逃げてください。

積雪期は、冬山と同様、安易に入渓すると、遭難します。経験者との
同行をお願いします。
  2019年 放流情報 4月17日
岩魚・山女の成魚150kgの放流をしました。
 姫川本流・松川  おびなたの湯〜姫川合流点を重点的に放流しました。10連休白馬で釣りをお楽しみください。

     
このページの先頭へcopyright©2013 岩魚釣り 姫川上流漁業協同組合  all rights reserved.
 ルールを守ろう

釣り入漁券は、白馬村、小谷村のほとんどのコンビニにて購入ができます。
 深夜、早朝におきましても購入が可能ですので、
必ず入漁券を購入してから、白馬の渓流釣りをお楽しみください。